今注目の電動キックボードは自作できる?作り方をご紹介!

電動キックボードおすすめランキング1位のCityBlitz

子供にも大人にも人気の電動キックボード。DIYは相変わらず流行っていますが、はたして電動キックボード界にDIYの波はくるのでしょうか。

この記事では電動キックボードの作り方やポイント、また実際に皆はどう作っているのかを具体的にご紹介します。

電動キックボードは自作できる?

とても便利な電動キックボードですが、じつは結構いいお値段。世の中にはそんな電動キックボードさえも自分で作ってしまう人がいます。

廃品を組み合わせてみたり、DIYとして外国では子供が電動キックボードを作り上げた、なんてことも。彼は創意工夫をして電動ドリルをモーターにしっかり自走する電動キックボードを作っていました。

それこそまさに、自分だけのオリジナル電動キックボードです。

電動キックボードを作る前に知っておきたい基本構造

電動キックボードは、バッテリーでモーターを回しタイヤを駆動させて走ります。一般的な駆動方法はチェーン、ベルト、DD (ダイレクトドライブモーター) などです。

DDはタイヤを回転させる際にベルトやギアを使わずにモーターで直接稼働するのが特徴です。

モーターの回転数は基盤 (モータースピードコントローラー) を通じて、アクセルで調整できます。

アクセルはグリップ方式、レバー方式、親指レバー方式などがあります。センサー式で加速を感知すると自動的にモーターが稼働するタイプもあります。

バッテリーとモーターの間には基盤がはいっています。基盤は2つの間にはいることによりダメージを防ぐという、保護的な役割も果たします。

オートバイと構造を対応させると

  • 電動キックボードのバッテリー

オートバイでいう燃料 (ガソリン) が、バッテリー (電池) にあたります。

  • 電動キックボードの基盤 (モータースピードコントローラー)

これはオートバイにおけるキャブレター (エンジンに接続されており、ガソリンと空気を混ぜてエンジン内部に送り込む燃料の供給装置) とCDI (点火装置) です。

  • 電動キックボードのモーター

これはオートバイでいう動力、エンジンです。

電動キックボードの作り方

すごくかんたんにまとめると、キックボードと、人を運べる程度のパワーをもったモーターを用意します。

キックボードにモーターを取り付けて、モーターが充分にうごくバッテリーを接続すれば電動キックボードは出来上がりです。

動力関係

まず動力関係ですが、ざっくりわけるとこうなります。

  • 基盤 (モータースピードコントローラー)
  • モーター、ブレーキ
  • 駆動関係

こちらは海外の男の子が、DIYとして電動キックボードをつくった動画です。細かい手順まで乗っていますが、注目したいのは動力です。

普通のキックボードを電動ドリルをモーター (駆動力) として走っています。かなり原始的ですが、アクセルとモーターを基盤を使って上手に組み合わせることで見事に電動のキックボードとして機能しています。

メインのモーターですが、板部分が壊れたホバーボードなど、まだ使えるモーターを利活用する人もいれば、モーターだけをあらたに購入する方法もあります。

なかには洗濯機のモーターを使った事例もありました。

車体関係

車体関係で重要なのはこちらの4つです。

  • ハンドル
  • ブレーキ
  • ボード部分(足をのせるところ)
  • タイヤ

今度はハード部分に注目して動画をみてみてください。ハード部分は既存のキックボードを使う場合が多いようです。

またこの自作電動キックボードではアクセルをふむことにより、モーターがタイヤと連携し自走可能に、そしてアクセルを離すことにより回転が止まるようになっています。

非常にシンプルなつくりになっていて、アクセルなどもわかりやすい場所にあり、かんたんな操作で進めるようにできています。

まさに創意工夫でできた、自分のためのオリジナル電動キックボードといえるでしょう。

キックボードにモーターをつける

じつは乗り物をDIYで作れるよう専用のモーターも販売されています。「FlexPV」はインホイールモーター 、コントローラー、バッテリーの3点がそろったお得商品。

取り付けかたも非常にかんたんです。タイヤにはすでにモーターがはいっていますので、タイヤの位置に取り付けて、バッテリーをセットし、その間にコントローラーを接続したら電動キックボードのできあがり。

WiFiと連動しているので、アプリからかんたんに加速操作もできます。

まとめ

この記事では電動キックボードの自作について解説をしました。一から手作りする方もいるようですが、普通のキックボードをもとにして電動に改良する方法が多いようです。

またモーターは不要となった電化製品のものを使う場合もあれば、あらたにモーターを購入する場合も。

乗り物専用のDIYモーターセットも販売されていますので、こういったオプションがあると初心者にとってもハードルが下がりますね。

自作電動キックボード興味がある方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。