電動キックボードのどこが最強?利用シーンやおすすめ電動キックボードを紹介!

電動キックボード 最強

電動キックボードおすすめランキング1位のCityBlitz

充電して電力をエネルギーに動く電動キックボード。近年、人気が高まっている乗り物ですが「電動キックボードの良さって何だろう?」と疑問に思っている人も多いはずです。

電動キックボードは子供から大人まで楽しめる乗り物で、利用シーンもさまざまです。女性に嬉しい軽量なものも多く持ち運びに便利で、電車やバスの中に持ち込めます。

今回は電動キックボードの利用シーンやメリットをたくさんご紹介します。現在、電動キックボードの購入を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

電動キックボードで生活を最強に

電動キックボードはどのような場面で使用できるのでしょうか?購入した後の利用シーンをいくつかご紹介します。

電動キックボードを使用するイメージが湧かない…という方は必見の項目です。

  • 活用シーン1…遊び
  • 活用シーン2…通勤
  • 活用シーン3…旅行

活用シーン1 遊び

電動キックボードは小さな子供でも遊べる乗り物です。家族みんなで公園やキャンプに行ったときに、広いスペースで思いっきり遊ぶのはいかがでしょうか?

緑いっぱいの公園で走行すると外の空気を吸いながらできるので、気持ちいいこと間違いありません。電動キックボードの重量が重めで安定しやすいものを選ぶことで、子供も安心して乗車することができます。

運転に慣れていないうちは誰もいない広い場所で練習するのが必要です。特に自転車やスクーターにまだ乗りこなせていない子どもは大人がそばで見ていてあげましょう。

活用シーン2 通勤

日本ではまだ定着していませんが、海外では多くの利用者が通勤に電動キックボードを使用しています。電車やバスなどの交通網が発達している都市では、通勤ラッシュが存在します。

「毎日満員電車に揺られながら通勤するのが嫌だ!」そんなふうに思っている人も多いのではないでしょうか?スピードは最高速度が時速10数キロ出るものもあり、速いのが特徴です。

電動キックボードは傾斜のある道でも乗れて、会社までの道のりを楽々と運転できます。自分でこぐ必要がないので体力的に楽に乗れるので通勤に適していると言えるでしょう。

活用シーン3 旅行

観光名所が立ち並ぶ地域では電動キックボードの利用がおすすめです。観光地では観光客向けにバスや電車がありますが、決まった時間にしか走行しません。

電動キックボードを走行すれば、いつでも自由自在に動けます。緑いっぱいの自然あふれる観光地でゆったりと巡りたい、という要望に応えてくれる乗り物です。

スピードをあまり出さず低速で走ることで景観を十分に楽しむことができます。その土地特有の匂いや音、お店など五感で味わうことができるのは電動キックボードならではです。

ゆったりと効率よく観光できる電動キックボードは電車やバスとは違ったメリットがあります。

最強の電動キックボード3選

「電動キックボードってどのメーカーがいいの?」購入前にメーカー選びに困っている人も多いでしょう。

ここでは、電動キックボードを購入する場合におすすめしたいメーカーを3つご紹介します。

  • CityBlitz
  • JD Razor
  • Kintone motion force

CityBlitz (シティブリッツ)

出典元 : CityBlitz

CityBlitzの電動キックボードは軽量が1つの特徴。重さはわずか7.4㎏なので比較的軽量タイプ!後輪意外に前輪にも手動ブレーキが付いているので、電動キックボード初心者にも安心です。

電動キックボードの前輪に装備されているレバーを引くことですばやく折りたたむことが可能。折りたためるので場所を取らず、収納に困ることがありません。

電動キックボードの前方には明るく照らしてくれるLEDライトを搭載。ライトがあるので夜道の走行も可能にしてくれています。

1回2時間の充電で最大12キロもの距離を走行してくれるので、長く楽しみたい人におすすめです。

JD Razor (JD レイザー)

出典元 : RAZOR

1999年よりキックボードの開発を行っているJD Razor社からも電動キックボードは販売されています。その中でも『CITY BUG2』は独自の特許を取得した技術を備えた画期的な電動キックボード。

特許取得しているのはハンドル部分で、前に押すと加速して後ろに引くと減速します。ハンドルで簡単にスピード調整できるのは、利用者にとって嬉しいポイントです。

スピードは時速6キロと時速18キロの2段階に切り替え出来ます。見た目がシンプルでスタイリッシュなのが特徴的です。

折りたたむことができるので非常にコンパクトで、持ち運ぶことが簡単です。

Kintone motion force (キントーンモーションフォース)

出典元 : Kintone

最高時速30キロもの速さが自慢の電動キックボードです。1回充電することで最大35キロもの長さを走行できます。ディスプレイを搭載しているので走行中に速度を確認することも可能です。

安全に走るためには慣れないうちはスピードを出しすぎず、運転に慣れることが大事なのでディスプレイ搭載は嬉しい点です。

ヘッドライトも装備されているので夜間の走行でも安心して乗車できます。

電動キックボードが最強な理由

電動キックボードを利用するメリットをここではご紹介します。購入を検討している方はぜひ一度読んでみてくださいね。

  • 楽ちん
  • 持ち歩ける
  • 収納がコンパクト
  • かっこいい

とっても楽

電動キックボードの速さは最大で時速30キロのスピードが出るものもあります。スピードを出せるので速く次の場所に移動することができて、非常に楽です。

持ち歩ける

電動キックボードの多くは持ち運びがしやすいように、折りたたむことができます。車に積んで出かけるだけではなく、バスや電車など交通機関にも持っていけるのは嬉しいポイント。

持ち運びを重視するのであれば出来るだけ軽量の商品を選びましょう。

収納がコンパクト

折りたためる電動キックボードは収納の場所に困りません。省スペースで収納できるのは便利と言えるでしょう。

かっこいい

見た目がシンプルでかっこいいデザインが多く、男女ともに走行しやすいです。ファッションと同じように見た目にこだわりたい人におすすめです。

まとめ

電動キックボードの利用シーンやメリットをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?電動キックボードはアウトドアの時に利用するだけではなく、通勤や観光にも便利な乗り物です。

スピードを調整してゆったり走行することで、景観を楽しみながら爽快に乗車できます。折りたたむことやスピードを調整することができる電動キックボードも多いです。

購入の際にはどのような点を重視したいのか予め考えて、ぴったりのものを選んでくださいね。