電動キックボードの重さはどのくらい?色んなモデルをご紹介!

電動キックボードおすすめランキング1位のCityBlitz

いまや多くのモデルが販売されている電動キックボード。モデルによって重さには大きなひらきがあることはご存知でしょうか。

この記事では重量という観点から、それぞれのメリット、そしていま販売されている実際のモデルをご紹介します。

電動キックボード おすすめ ランキング

電動キックボードのおすすめをランキングで紹介!【購入者がおすすめする】

7月 26, 2019

電動キックボードの重さはどのくらい? 

電動キックボードの重さにはかなり幅があります。軽いものは4kgほどで女性や子供でもわりと簡単に持ちはこぶことができます。

重いものになると40kgほどもあり、どちらかというとバイクのようで重厚感があるものが多いです。

重さ約40kgのものもある   

匠ワールドが販売しているZEUS (ゼウス) は、重さなんと40kg。

その特徴は最高速度25km/時、最高走行距離20km、積載能力約120kgといった800Wのハイパワーで、大人の男性でも充分に楽しむことができます。

パワーやスピードだけではなく、走行を安定させるサスペンション、電源管理ができるイグニッションキーなども装備もついています。公道仕様にも変更できるので、スペックは贅沢なくらい充実しています。

電動キックボードは重さ4kgから

逆に気軽に持ち歩きたいという方には、重さ約4kgの電動キックボードも販売されています。

世界でもっとも軽いといわれる「ZAR」ですが、最高速度は20km/時、最高走行距離は10kmと、軽量にも関わらず結構なパワーをもっています。

足をのせるボード部分の横幅も十分にあり、両足をしっかり乗せられるので安定性もあります。むだのないシンプルなデザインから、女性だけでなく、男性からも人気をあつめています。

おすすめ軽量系電動キックボード3選 

日本では電動キックボードは原付扱いになりますので、レジャー施設や公園などにもっていくという方も多いのではないのでしょうか。

というわけで持ち運びに便利、軽さという観点からおすすめしたい3つの電動キックボードをご紹介します。

CityBlitz (シティブリッツ)  

出典元 : CityBlitz

CityBlitzの重さはわずか7.4kg。時速24km/時のパワーをそのままに軽量化された電動キックボードです。

シンプルながら3パターンのギアチェンジができたり、2時間の充電で最大12km走ることができたり文句なしのスペック。

前輪にあるレバーを引くとワンタッチ操作で折りたたみができるので、家での収納や車のなかでも場所を取らず、どこにでも持っていくことができます。販売価格は39,800円 (税込) です。

JD Razor (JD レイザー)

出典元 : JD Razor

JD Razorの重さは12kg、かんたんに乗りこなせるのが特徴の電動キックボードです。

速さは6km/時と18km/時の2段階で、親指スロットルでスピードの切り替えができます。地面を蹴って乗りこめばあとは電動モーターで進んでいきます。

後輪フェンダーブレーキが搭載されているので、安全に止まることができます。カラーバリエーションも白と黒の2種類があり、販売価格は74,800円 (税抜)です。

kintone air (キントーンエアー) 

出典元 : Kintone

kintone airの重さは7.35kg、スマートでシックなデザインが魅力的な電動キックボードです。

最高速度は23km/時で、最長走行距離は8〜10kmと大人でも充分たのしめるスピードがでます。しかしなによりの魅力はやはりこの軽さ。

折りたたみもできてコンパクトですが、こまかな部分のつくりもしっかりしていて、LEDのヘッドライトもついています。180日メーカー保証・正規品で価格は48,900円 (税込) です。

おすすめ重量系電動キックボード2選 

重さにはひらきがある電動キックボード。軽いと持ち運びが便利ですが、重い電動キックボードはその重厚感やハイパワーから公道走行に向いていたりとメリットがあるのです。

ここからは、比較的重いモデルをご紹介します。

ZEUS (ゼウス) 

出典元 : TAKUMI WORLD

ZEUS (ゼウス) は重さ40kgとかなりのヘビー級。しかしサドルを取り付けることができ、キックボードタイプ、スクータータイプどちらでも楽しめるのでバイクのように楽しむこともできます。

最高時速は25km/時、最長走行距離は20kmとそのパワフルさも特徴。販売価格は51,800円で、自分でバッテリー交換もできます。

軽量モデルだとバッテリー交換ができないタイプも多いので、長く使い方にはメリットといえるでしょう。

AirWheel Z5 (エアウィール Z5)  

出典元 : AirwheelTokyo

Airwheel Z5の重さは13kg、ZEUSと比べると軽いですが、持ち歩きを考慮すると女性には少しヘビーです。

最高時速は20km/時、最長走行距離は15km、こちらもがっしりとしたバイクのようなデザインが特徴で男性に人気の商品です。

公道仕様にして最寄りの市町村でナンバー登録をすれば公道も走ることもできます。本体価格は129,600円 (税込) で、公道走行キットキット32,400円 (税込) です。

まとめ

こちらの記事では、軽量キックボードと、重めのキックボード両方をご紹介しました。軽いと持ち運びに便利ですし、重厚感があって安定しているのは、公道を走るときも安心ですね。

どちらにもメリットがありますので、ぜひ重さという観点から電動キックボードを見比べてみてはいかがでしょうか。

電動キックボード おすすめ ランキング

電動キックボードのおすすめをランキングで紹介!【購入者がおすすめする】

7月 26, 2019