電動スケートボードのバッテリーはどれくらいもつのか?また交換可能なのか?

電動スケボーバッテリー交換

電動キックボードおすすめランキング1位のCityBlitz

電動スケートボードの購入を検討している方なら、バッテリーがどれくらいもつのかは気になりますよね。
走行中にバッテリーが切れてしまうと、進みにくくて重たい、ただのスケボーになってしまいます。

また、替えのバッテリーがあると充電が切れても交換することが可能なので、便利だと思います。

上記のような疑問や不安に対して様々なメーカーの電動スケボーを比較しながら紹介していきます。

バッテリーを交換可能な電動スケボー2選

MARBEL 2.0

そもそもの走行距離がecoモードで約30キロ走ることができるので、スペアのバッテリーを持っておくと60キロも走行可能なんです。
バッテリーに関してもかなり簡単に交換可能なので、わざわざドライバーでネジを外してから、、、
なんてことはないようです。

Monolith

「Monolith」はモーターをホイール内部に、バッテリーをデッキ本体に搭載した電動スケートボード。坂の多いサンフランシスコでの通勤用に開発された、通勤を楽しいものにするための乗り物です。

このMonolithは走行距離が約16キロなので、交換用のバッテリーを持ち運ぶことで、32キロ走行可能です。

バッテリーの駆動時間が長い電動スケボー3選

BACK FIRE G2T

ターボモードで最大時速45km!加速力バッチリなBACK FIRE G2Tの走行距離は25キロとかなりの距離を走ることができます。

Exway X1 PRO 最新型電動スケートボード

水・衝撃に強くてハイスペック!スタイリッシュなデザインが人気です。

こちらも走行距離は25キロです。

Boosted Board

Boosted BoardとはアメリカのBoosted社が開発した電動スケートボードで、世界中にユーザーがいます。Boosted Boardはつねに改良を重ねたモデルを発売しており、ユーザーのニーズに応え続けています。

この電動スケボーの走行可能距離は22キロです。

まとめ

そもそも走行可能距離はそんなに必要なのか?という疑問もあるかと思いますが、購入に際して自分の行動範囲から逆算してどのモデルを選択するのか、を決めるべきだなと思います。