電動キックボードの最新情報から最新の電動キックボードを徹底解説!

電動キックボードおすすめランキング1位のCityBlitz

近年、幅広い世代から人気を集めている電動キックボード。スピードやハンドル操作、ヘッドライトなど装備はさまざまです。

そこで今回は、話題を集めている最新の電動キックボードを特集します!販売されたばかりの新しい電動キックボードにはどのような機能が搭載されているのか気になっている人も多いはず。

今回は最新式の電動キックボードをいくつかご紹介します。現在、最新式の電動キックボードを購入するか迷っている人はぜひ読んでみてくださいね。

電動キックボードの最新情報

現在日本では電動キックボードがどのように位置づけられているのか、ご紹介します。電動キックボードは日本では原動機付自転車に該当します。

電動式のモーターに走行する乗り物はすべて道路交通法及び道路運送車両法上の原動機付自転車にあたるからです。原付と同じ乗り物として扱われるので、運転の際には運転免許が必ず必要です。

自動車損害賠償責任保険に加入することも義務づけられています。道路上を走行するときには交通関係法令を守るため、ヘルメット着用を行ってください。

制約なしで走行することができる電動キックボードの場所は限られています。事故を防止するためにも交通ルールを守って安全に乗ることが大切です。

シェアリング電動キックボードの最新情報

電動キックボードは購入する以外にもシェアリングサービスを利用することで使用できます。実はこのシェアリングサービス、日本でも行っていることをご存知でしょうか?

ここでは、日本で行っているシェアリングサービスをいくつかご紹介します。

  • LUUP
  • WIND
  • mobby

LUUP (ループ)

LUUPのアプリをインストールして、アプリ上で電動キックボードのシェアリングサービスを利用できます。わざわざ店舗に足を運ぶ必要なく、現在地の近くにある貸出場所を見つけられます。

走行できる電動キックボードを見つけたら、QRコードを読み取ってライド開始!安全に楽しむために制御システムが搭載されています。

走行位置によって危険エリアでは速度を制限したり、危険運転をした場合はペナルティも課せられます。ライドを楽しんだ後はアプリで見つけた場所に返却しに行きましょう。

WIND (ウィンド)

通勤ラッシュで混み合う時間帯に電動キックボードで快適に通勤しよう!そんな気持ちから生まれたのが電動キックボードのシェアリングサービス、WIND。

東京、大阪、名古屋などの都市部では毎日満員電車に窮屈な思いをしている人が急増中!WINDは通勤に疲れを感じている人たちの強い味方です。

WINDのアプリをダウンロードして、貸出場所にてロック解除またはQRコードを読み取ります。ライドに慣れていない初心者にも嬉しい簡単操作です。

右のレバーを押し下げることで加速、左レバーでブレーキ。最後は最寄りのWINDステーションにて返却を行います。

mobby (モビー)

使いたいときに気軽に借りることができるサービス、mobby。現在は日本各地で実証実験を行い電動キックボードの整備に取り組んでいます。

mobbyの乗り方は簡単なのが特徴です。まずは片足を板の部分にのせて、もう片方の足で地面を蹴ります。走行が安定しはじめたらアクセルレバーを押して加速します。

止まりたいと思ったらブレーキレバーで停止してください。電動キックボードに一度は乗ってみたいという方はmobbyの実証実験に足を運んでみてはいかがでしょうか?

最新の電動キックボード3選

最後に今話題を集めている最新の機能を備えた電動キックボードをご紹介します!

  • CityBlitz
  • Airwheel Z5
  • Kintone α

CityBlitz (シティブリッツ)

出典元 : CityBlitz

前輪についているレバーを引くだけで、折りたたむことができます。ワンタッチ操作を行うだけなので女性や荷物の多い人でも安心して使用可能です。

重量はおよそ7キロと電動キックボードの中では比較的に軽量です。前方を照らしてくれるLEDライトが搭載しているので、夜間走行にも対応しています。

ボードには片足スタンドがついているので、休憩時にも電動キックボードを寝かせる手間がかかりません。

AirWheel Z5 (エアホイール Z5)

出典元 : Airwheel

とにかくコンパクトに折りたたむことができるので、折りたためる電動キックボードを探している人におすすめ。外から見えないように畳む関節デザインになっているので、折りたたんだ後もスッキリとしたデザインです。

ハンドルやハンドルシャフトがS型曲線を採用しているので、美しいデザインに仕上がっています。電動キックボードを購入するのであればデザインにもこだわりたいという人向けです。

走行中は日常の立つ姿と同じように立てるように設計されています。そのため、両足への負担も少ない構造です。

Kintone α (キントーン アルファ)

kintone-alpha-800-01

出典元 : Kintone

最高で時速25キロもの速さを誇る、爽快感抜群の電動キックボードです。1回充電するだけで最大13キロもの距離を走行できます。

走行スピードは3段階に調整できるので、ゆったり走りたい人にもおすすめです。走行中のスピードや走行距離、バッテリー残量はすべて手元にある液晶モニターで把握可能。

持ち運びたいときはワンタッチで行えるので持ち運びを考えている人にとっては嬉しいポイントです。

まとめ

最新の電動キックボードの位置づけや商品紹介を行いましたが、いかがだったでしょうか?日本ではまだ電動キックボードが定着していない状態ですが、これから実証実験を重ねて普及する可能性が高いです。

その際には今回ご紹介したシェアリングサービスをぜひ利用して、快適なライドをしてくださいね。最新の電動キックボードはどれも機能が優秀なものばかりです。

お気に入りのものを見つけてアウトドアや私有地などで快適に走行を楽しんでください!