電動スケボーKoowheelの特徴や機能、使い方を徹底紹介

電動スケボーkoowheel

電動キックボードおすすめランキング1位のCityBlitz

最近、スケートボード界隈で、様々な会社が進出しているのはご存じでしょうか?
速度を重視しているものから機能性、安定性を重視しているものまであり、その会社がこだわる部分はそれぞれ違います。

そこで、今回の記事では、会社ごとのスケートボードのこだわり、特徴、会社の概要についての説明を行っていきます。

Koowheelとは

Koowheelは、セルフバランススクーター業界、キックボード業界で最高の安全基準と最もクールなプレイアビリティと携帯性を提供している会社です。

この会社は2009年から近距離の移動に使うツールに焦点を当ててきました。扱っている製品としては電動スクーター、2輪スクーター、4輪電動スケートボードが例として挙げられます。

ここの会社は安全で環境にやさしい電源を使用しているため、オイルへの依存が非常に少ないことでも知られています。顧客全員に便利さと喜びを与えるということを第一の目標としている会社です。

価格

60,000円ほど

購入方法

基本的にはKoowheelの通販で買うことができる他、他の通販サイトでも購入することができます。
http://www.koowheel.com/

Kintoneの特徴

特徴1 商品の種類の多さ

Koowheelの一番の特徴はやはり商品の多さです。キックボードだけでも8種類もあります。

それぞれにそれぞれの良さがあり、個性があるので自分だけのスケートボードを見つけることができます。

特徴2 スペック

次にくるのはスペックです。詳しいことは下で説明しますが、海外製なだけあってぶっとんでます。日本製に比べても、パワフル度やスピードなどは一線を引いています。

KooWheelの使いかた

今回は、KooWheel 2nd Generationについての紹介をいたします。

操作方法

電動スケートボードの中で、Koowheelスケートボードはバッテリーを交換するのが最も簡単なスケートボードです。バッテリーを交換するのに30秒もかかりません。

Koowheelスケートボードはハイエンドのコントロールボードを使用していますので、非常に滑らかで安定したスケートが可能です。

モーターPUカバーの交換も他のスケートボードに比べて簡単です。重さは7.7kg、速度は45㎞/hでます。スマートチップが搭載されているので、急な加速は抑制されます。

また、勾配25度の坂道まで登ることができます。ウィールは97㎜と大変大きめですので、非常に安定感があります。走行距離は、一つのバッテリーで30㎞走行可能です。

取り換え可能のバッテリーを使用すれば60km以上の走行が可能です。

乗り方

普通に乗ることもできますが、ワイヤレスコントローラーでの操縦も可能です。ブレーキ、アクセル、バックが手元で操作できます。スピードがかなりでるので、細心の注意を払って乗りましょう。

注意事項

  • 安全が確認されたヘルメットを着用してください。
  • アルコールを摂取後の使用をおやめください。
  • スピードの出し過ぎは大変危険です。コントロール可能な範囲でお楽しみください。
  • 人、荷物の運搬には使用できません。
  • 急カーブでの走行、無謀な運転はお止めください。
  • 急な上り坂、下り坂での使用はお止めください。
  • お子様の使用は保護者の監視下で安全に十分配慮の上ご使用ください。

Koowheelのまとめ

  • 海外製品特有のぶっとんだスペック
  • 様々な種類
  • 安心の一年保証、質問にもすぐに応じてくれる

Koowheelで魅力なのは主にこの3点ではないでしょうか。パワフルで、見た目の種類も沢山あります。皆さんも自分にあったものを選んでスケートボード人生を楽しみましょう!