買う前に知りたい!電動キックボードのメリットとデメリット

電動キックボードおすすめランキング1位のCityBlitz

電動キックボードを買う前に知っておきたいメリットとデメリットについて紹介します。流行になりつつある電動キックボードを街中で見かけることも珍しくなくなりました。電動キックボードの購入を考えている方も多いのではないでしょうか?そこで購入前に知っておきたい電動キックボードのメリットとデメリットを解説します。電動キックボードには多くのメリットがある反面、当然デメリットもあるのです。購入後に期待外れと思わないように、事前に電動キックボードについて理解を深めておきましょう。

電動キックボードのメリット

まずは、電動キックボードのメリットを紹介します。ここで紹介するのは、代表的なメリットの3つです。電動キックボードの購入を検討している方は、購入理由として共感できるものもあるのではないでしょうか?

新しい移動手段として利便性が高い

電動キックボードは、既存の移動手段とは違う価値を持っています。折りたたみ式であれば、電車やバスへの持ち込みも可能になり、駐車スペースも気にしなくていいので、回遊性が向上されます。電車やバスなどの既存の移動手段プラスαと私たちにとって新しい価値を提供してくれるでしょう。

シェアリングエコノミーサービスが徐々に拡大している

電動キックボードのシェアリングエコノミーサービスが、世界的にスタートしています。自分で電動キックボードを所有しなくても、使いたいときだけ使ってポートに戻すという仕組みで、思いのまま利用できるのです。アメリカをはじめ、ヨーロッパやオセアニアを中心にサービスの普及が著しいですが、日本でも制限はありますが、徐々にサービスがスタートしています。電動キックボードを持っていなくても利用できるのは、大きなメリットとなりますのでこれからの発展に期待しましょう。

価格が安くて購入しやすい

電動キックボードは、製品の価格帯が20,000円台〜40,000円台が中心となっており購入しやすいです。特に20,000円前後の製品でも日常生活で利用する分には問題なく、コストパフォーマンスが優れています。電動自転車などよりも安価なのは、購入者には嬉しいメリットです。

電動キックボードのデメリット

ここまで電動キックボードのメリットを紹介してきましたが、デメリットも紹介します。ここで紹介する電動キックボードのデメリットは3つです。買う前にデメリットを把握することで、期待外れでがっかりすることもなくなるでしょう。さっそく、電動キックボードのデメリットを見ていきましょう。

長距離移動には不向き

電動キックボードの弱点とも言えるのが充電です。充電がなくなれば、ただのキックボードになります。そのため常に充電があるか気にする必要があるでしょう。購入を検討している方はスペックを確認しましょう。電池容量はA(mA)で記載されていることが一般的です。4~10A(4000mA~10000mA)が一般的になり、1,2時間で電池切れになりますので、長距離移動には不向きです。
低価格の電動キックボードだと、さらに使用可能時間が短い製品もあります。充電時間に気を使わなければいけないのは、デメリットと言えるでしょう。

セキュリティ

軽くて持ち運びやすいという特徴がある電動キックボードですが、一般的な価格帯の電動キックボードでは、まず鍵などついていません。盗難には十分気を付けましょう。

安全性の問題

軽くて便利な電動キックボードですが、使用者は安全面に最大限注意を払わなければなりません。使用したことのある人であれば実感したことがあると思いますが、電動キックボードは性質上自転車などに比べるとタイヤが小さくなり段差や障害物に対して非常に弱いです。(筆者は何度も転びかけました。)

まとめ

電動キックボードを買う前に知っておきたいメリットとデメリットについて解説してきました。流行になっている電動キックボードには、さまざまな魅力があります。購入するだけの多くのメリットを備えていると言えるでしょう。一方でデメリットもあるため、双方を理解した上で購入しましょう。