Luupが思い描く電動キックボードが日常にある未来とは?

電動キックボードおすすめランキング1位のCityBlitz

Luupが思い描く電動キックボードが日常にある未来について紹介します。近未来に向けて、近年普及が著しいのが電動キックボードです。海外を中心に爆発的な広がりを見せており、日本でも目にする機会が増えてきました。そんな中、日本で電動キックボード市場の中心になっているのがLuupです。Luupは日本発の電動キックボードのシェアリングサービスで、注目を集めています。ここからは、そんなLuupが思い描いている未来について紹介していきましょう。Luupについて気になっていた方や電動キックボードの普及について知りたい方は、ぜひご覧ください。

電動キックボードの世界的な広がり

電動キックボードは世界中で広がりを見せており、アメリカでは大手企業も現れるようになりました。アメリカのスタートアップ企業であるBirdは、2017年創業のスタートアップにも関わらず、9ヵ月ほどで時価総額が1,000億円を超える驚異的な記録を叩き出しました。2018年11月には、同様にスタートアップとして注目を集めていたSpinがFordに買収されています。市場と事業は、急速に拡大しているのです。

これらの企業の多くは、シェアリングエコノミーサービスを提供していることです。乗り物のシェアリングエコノミーは拡大が著しく、自転車によるシェアサイクルも浸透しています。自転車のシェアサイクルのように、電動キックボードもシェアの文化が広がりつつあるのです。販売を除いた電動キックボードのシェアリングエコノミーの市場規模は、2025年になると4~5兆円まで膨らむと予測されています。

電動キックボードの開発、そしてサービスを運営するのがLuupです。若者向けの二輪電動キックボード、そして高齢者向けの四輪電動キックボード、さらに電動キックボードだけでなくシニアカーを代表とする電動マイクロモビリティのシェアリングエコノミーサービスを提供しています。日本で電動キックボードや電動マイクロモビリティを浸透させているのが、Luupなのです。

Luupが加速させる移動の自由

電動キックボードの普及に向けて日本で事業を展開するLuupが目指しているのは、移動のインフラです。この移動のインフラとは、公共交通機関のような既存のインフラとは被らない領域での移動手段のことを指します。電動キックボードによるシェアリングエコノミーを普及させることで、新しい移動のインフラを確立させようとしているのです。日本では規制が多いため、電動キックボードが浸透しにくい環境になっています。そこで、移動のインフラを確立させるために、Luupは行政に対しても働きかけをしているのです。その結果、規制官庁の認定を受けた上で実証実験を実施できることになりました。電動キックボードをはじめとした新しいインフラの確立に向けて、規制緩和に向けた動きが加速しています。これにより、新しい移動手段を手に入れる日も遠くはないのではないでしょうか?

まとめ

Luupが思い描く電動キックボードが日常にある未来について解説してきました。海外では電動キックボードの浸透が著しいですが、日本でもシェアリングエコノミーサービスを通して徐々に街で見かけることも増えてきました。その先頭を走っているのが、Luupです。既存のインフラに囚われない移動のインフラを確立し、より自由度の高い社会を目指すのがLuupと言えるでしょう。日本ではさまざまな規制があることにより、まだまだ電動キックボードが浸透しきれていない面もあります。これからのLuupのサービスや電動キックボードの発展に注目してみましょう。