電動キックボード Jzoom (ジェイズーム) のメリット・デメリットから口コミまで徹底紹介!

キックボードの中でも電動で走行できるキックボードがあるのをご存知でしょうか?電動キックボードJzoomは世界最軽量のキックボードとして話題を集めています。

その軽さはなんと10.7㎏で、3秒で折りたためるので持ち運びも楽にできるのです。今回は電動キックボードJzoomのメリット・デメリットをご紹介します。

またJzoomを使った人のリアルな口コミものせてあるので、少しでも購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

電動キックボード おすすめ ランキング

電動キックボードのおすすめをランキングで紹介!【購入者がおすすめする】

7月 26, 2019

電動キックボード Jzoomとは

出典元:e-twow公式サイト

Jzoomの「e-Twowシリーズ」は全部で3種類あります。「e-Twow Eco」「e-Twow Booster」「e-Twow Booster plus」の3つです。すべて10.7㎏という軽さで、メンテナンスも不要です。

どれも電動キックボードですが走行距離や速度が違っています。例えば「e-Twow Booster」だと2時間のフル充電で30km以上走行することは可能で、傾斜も30度まで対応することが出来ます。

「e-Twow Eco」の場合は30km未満と走行距離は短めで、傾斜も15度までの対応となっています。坂道が多い道を走る予定があるのならば、急な坂にも対応できる「e-Twow Booster」がおすすめです。

電動キックボード Jzoomのメリット

長距離運転ができる

「e-Twow」シリーズはたった1度およそ2時間充電するだけで、約30km走行することができます。長距離を可能としている秘訣は搭載されている電池にあります。この電池はリチウム電池で長い走行距離を可能にしているのです。

高速でパワフル

「e-Twowシリーズ」は3つとも高速で、およそ時速30kmを出すことができます。電動キックボード本体についているハンドル部分にある弁によってスピード調節ができ、傾斜のある坂道でも一定のスピードをキープしつつ登りつづけられます。

持ち運びが簡単

わずか3秒で折りたたむことができるので、持ち運びの手間がかかりません。折りたたんだ時にコンパクトになるように作られているのも強みです。コンパクトなので外出時にバス・電車・車にも乗せやすくて便利です。

液晶ディスプレイがついている

「e-Twow」シリーズにはハンドル部分に液晶ディスプレイがついています。気になる走行距離や速度、バッテリーの残量も一目でわかるので安心です。またクラクションやLEDライトも液晶画面で簡単に操作できます。

電動キックボード Jzoomのデメリット

乗れる場所が少ない

じつは電動キックボードは走行できる場所にかぎりがあります。たとえば電動キックボードにはナンバープレートがないので公道での走行は原則禁止です。そして公園で走行したい場合であっても、自転車以外は禁止とされている場所がほとんど。

多くの人が行きかう場合は公園内であっても道路と認定され、罰則の対象となることもあるようです。結果的に私有地で乗ることが1番おすすめですが、場所が限定されてしまいます。

キックボードに乗りたい場合は、前もって走行してもよいか確認しておくことが大切です。

値段が高い

一般的なキックボードに比べて、電動や充電などの機能があるので値段は高めです。「e-Twow Booster」は12万円以上しますし、「e-Twow Eco」は11万円程度かかります。

値段が高すぎて、どうしても購入しにくい印象はあるようです。

ただしギアやチェーンは存在しないので購入後はメンテナンスする必要はありません。お手入れが簡単なので長く使いやすい商品であることは考えられます。

電動キックボード Jzoomの良い評判・口コミ

おしゃれに乗りこなせるのが魅力

イケるコスチュームを着てJzoomに乗ると最高のハロウィン!https://t.co/prZhIxkLLr#jzoom #etwow #電動キックボード #ハロウィン #バットマン #ハロウィン仮装 pic.twitter.com/EnQ659eNku— Jzoom (@jzoomjzoom) 2016年10月19日

キックボードは子供だけに向けた乗り物ではなく、大人も楽しんで乗ることができます。ヘルメットも不要なのでおしゃれに乗りこなせるので、生活に取り入れやすいです。

風に吹かれながら乗れる爽快感!

最近お気に入りのマシン。

撮影by息子#jzoom#娘達の習い事が終わるのを待つ#息子とキャッチボール#肩詰んだ#五十肩 https://t.co/pYeHFCDsAN— つるの剛士 (@takeshi_tsuruno) 2016年6月11日

風に吹かれながら景色を楽しみながら乗れるので、気持ちがスッキリするのは間違いありません。おしゃれさを感じられるデザインなので、大人もファッション感覚としてチャレンジしやすいアイテムと言えます。

電動キックボード Jzoomの悪い評判・口コミ

原付が買えるほどの値段の高さ

割とするのね。
原付買える。#jzoom #キックボード pic.twitter.com/ipDurJQVfQ— 石田政博?? (@markunV) 2016年8月7日

 

Jzoomの電動キックボードは全体的に値段が高い傾向にあります。それゆえに購入するのをためらってしまうこともあるでしょう。そんな時はリーズナブルな価格でレンタルできるので、試乗してみるのがおすすめです。

走る場所が分からない

電動キックボード欲しいんだけど、どこで乗れるんだろうねこれ。— 夕灯? (@you_too_8) 2019年4月22日

電動キックボードに興味はあるけれども、走行できる場所があるか不安…という人は多いようです。日本では公道を走ることは禁止されていたり、公園でも許可されていなかったりするので限定された場所での走行になります。

 

電動キックボード Jzoomの評判まとめ

良い評判の中には「気持ちいい」「大人向けのおしゃれな遊び」「おしゃれ」という意見が多くありました。

一方で悪い評判には「値段が高すぎる」「走る場所がない」といったマイナスな声もあがっています。

たしかに現段階では走行するための場所は限られている状態ですが、私有地や許可されている場所では使用できるので確認したうえで楽しく走行することが望ましいです。

Jzoomはいままでのキックボードと違ってさまざまな機能がそなわっています。見た目もおしゃれなので気になった方は試乗してみてはいかがでしょうか。

 

電動キックボードのおすすめランキングの記事はこちら

電動キックボード おすすめ ランキング

電動キックボードのおすすめをランキングで紹介!【購入者がおすすめする】

7月 26, 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。