違反車両?? 基準に適合しない電動アシスト自転車に注意

電動アシスト自転車は道路交通法では軽車両に分類され、内蔵の電動モーターは人の力を補う以上の力を出せない決まりになっています。道交法基準に適合していない電動アシスト自転車に乗ると、不意にバランスを崩して事故を引き起こすおそれも。適合外の電動アシスト自転車を販売することは違法ではないので、自分でしっかりと確認してから購入しましょう。

電動アシスト自転車を公道で走らせるための道交法基準とは


電動アシスト自転車とは、人が漕ぐ力を電動モーターでアシスト(補助)する自転車です。公道で走れる電動アシスト自転車は、道路交通法によりモーター補助力の上限が定められています。道交法の基準を越えたモーター補助力の自転車に乗ると、不意に力が加わってバランスを崩したり、思わぬ急発進などを起こして事故になったりする可能性も。このような車両でも私有地で走る分には違法にならないため、販売が許可されている点に注意しましょう。

道路交通法が定める電動アシスト自転車のアシスト比率の基準

道路交通法(道交法)では、公道で走ることが可能な電動アシスト自転車の基準を定めています。走り出し時点、時速10km未満ではアシスト比率(人がペダルを漕ぐ力とモーター補助力の比率)は1対2、時速10km以上24km未満では速度が出るにつれ、モーター補助力の比率が徐々に減っていきます。そして時速24km以上では、モーター補助力がゼロになるようにしています。

道交法では、電動アシスト自転車は、普通の自転車同様に軽車両に分類されます。軽車両とは基本的には原動機が付いておらず、人力などで動く車両です。ほかにはキックボードや人力車、荷車などが該当していて、車椅子や歩行補助車(シニアカー)は対象外。自動車の運転に必要な免許は不要で、所得税もかかりません。

そのため、電動アシスト自転車を動かすのはあくまでも人で、電気モーターは人の力を補う以上の力を出してはならない決まりです。最初の電動アシスト自転車は人力とモーター補助力の比率が1対1でしたが、新基準で人力の2倍までのモーター補助力が認められるようになりました。

道路交通法の基準を越えた電動アシスト自転車が危険な理由 

道路交通法の基準を越えたモーター補助力の電動アシスト自転車に乗ると、不意に加わった力によりバランスを崩し、事故につながるおそれがあります。

人が漕いでいないのに走り出してしまう、ペダルを軽く回しただけ、踏んだ力を問わずに後輪がモーター駆動してしまう電動アシスト自転車は、基準以上のモーター補助力を搭載しているかもしれません。このような車両では急加速のおそれがありますし、走行中に突然バランスが崩れて、運転者や同乗者が事故に巻き込まれる可能性もあります。

電動アシスト自転車は、漕ぎ始めから低速走行時にモーター補助力が働くので不安定になりやすく、操作に慣れていないとうまくバランスを取れません。基準より大きなモーター補助力を出す電動アシスト自転車では、思わぬ急発進を起こして事故になるおそれがあります。

多くの電動アシスト自転車の製品重量は25〜35kgで、一般の自転車の15kgよりも重いのが特徴です。ここに運転者と、さらに子供などの同乗者と荷物の重さが加わって全体重量が増えるほど、万が一衝突したときや転倒したときの衝撃も大きくなります。

販売店では公道走行不可の電動アシスト自転車も扱いあり 

販売店では、道路交通法で定めた基準以上のモーター補助力をもつ電動アシスト自転車も販売されています。このような自転車を公道で走らせることは違法になりますが、私有地で走らせる分には違法にならず、販売も許可されています。

国民生活センターや各団体は、道交法の基準を満たさない電動アシスト自転車に対して「公道走行不可」の表示を求めていますが、どこに書かれているのかわかりづらい販売サイトも一部にはあります。

また、「ペダル付き電動自転車」は電動アシスト自転車と名前は似ていますが、まったく違うものです。ペダル付き自転車は、道路交通法ではバイクと同じ原動機付自転車にあたります。そのため公道で運転するには原付免許が必要ですし、ヘルメット着用と自賠責保険の加入義務があります。そして車両にはナンバープレートやライト類、ウインカーなどの装備を備えていなければなりません。

ペダル付き電動自動車や、前述した道路交通法の基準以上のモーター補助力をもつ電動アシスト自転車を公道で運転した場合、道路運送車両法違反や無免許運転などに問われる可能性があります。
 

電動アシスト自転車を購入するときに気をつけるべきこと3つ

電動アシスト自転車を購入するときは、「TSマーク」付きかどうかを確認しましょう。TSマーク付きの製品は道路交通法の基準に適合しているとわかり、安心して乗車できます。消費者庁や国民生活センターでは道交法基準を満たさない電動アシスト自転車を公表しています。ネット通販の際はとくに、購入前に確認されるのをおすすめします。販売店でカスタマイズをすると、道交法基準を満たさなくなるケースがあることも覚えておきましょう。

「TSマーク」が付いているか確認を

電動アシスト自転車を購入するときには、「TSマーク」が付いているかを確認しましょう。TSマークとは自転車安全整備士が点検済であることを証明する印で、一般的な自転車にも用いられています。自転車安全整備士が在籍している販売店で購入する、または自転車を点検してもらうとTSマークを貼ってもらえます。

TSマークには1年間有効の保険が付きます。保険料は自転車の整備費用に含まれるため、取扱店ごとに異なります。青い第一種のTSマークには賠償責任と障害補償、赤い第二種のTSマークにはプラスして被害者見舞金が付帯されます。

TSマークが付いている電動アシスト自転車であれば、道路交通法の基準内とわかり、安心して購入できます。TSマークの型式認定を受けるかは任意のため、販売されているすべての電動アシスト自転車に付いているとは限らないことに気をつけましょう。

自転車の安全基準を示すマークには、BAAマークやSGマーク、JISマークなどもあります。これらも付いていれば、より安全な製品であるとわかります。

消費者庁や国民生活センターがインターネットに開示している資料で確認

消費者庁や国民生活センターなどのホームページでは、道路交通法の基準以上のモーター補助力を有する電動アシスト自転車を公表しています。ネット販売などの電動アシスト自転車を購入される際には、事前に該当車種になっていないかを確認されることをおすすめします。

たとえば消費者庁リコール情報サイトの「★製品別特集★電動アシスト自転車 – 注意喚起」のページでは、道交法の基準外の製品名とメーカーを掲載して注意喚起をしています。

また、国民生活センターではユーザーから寄せられた声に対応し、アシスト力が強すぎる電動アシスト自転車のテスト結果を公開しています。テストではモーター力だけでなく、勾配の違う2種類の路面を設定し、速度ごとに正しいアシスト比率になっているかも細かくチェックしています。このテストにより道交法の基準外と判明した製品メーカーには、国民生活センターから消費者への周知や問い合わせ対応、製品回収や改善をするように要望しています。

販売店でカスタマイズしているかをチェックしよう

電動アシスト自転車を購入するときには、販売店でカスタマイズされていないかも確認しましょう。元々の製品が道路交通法の基準を満たして型式認定を受けているとしても、カスタマイズされた自転車の中には、公道で走れないものもあるからです。

たとえばスポーツタイプの電動アシスト自転車(E-BIKE)は、一般的なスポーツバイクと同様にタイヤサイズをカスタマイズすると、道交法の基準外になるケースがあります。自転車はタイヤサイズが大きくなると、同じ回転数でもより速度が出ます。そのため元のタイヤサイズならアシストできる速度上限内の製品が、サイズを大きくしたために速度上限を越え、基準を満たさなくなる可能性があるのです。

タイヤサイズ以外にも、カスタム箇所によってはメーカー保証を受けられなくなるデメリットもありますから、カスタムするかどうかは慎重に決定しましょう。前述の自転車安全整備士がいる販売店でしたら道交法基準内に車体を整備するため、安心してカスタマイズを依頼できます。

電動アシスト自転車と安全に付き合う方法

基準に適合していない電動アシスト自転車に公道で乗っていると、道路交通法違反で罰則を受ける可能性があります。購入した電動アシスト自転車が適合車ではないかもと心配な方は、販売店やメーカーに連絡しましょう。電動アシスト自転車を整備してもらい、自転車保険に入っておくと安心です。乗り方のポイントを知って、毎日安全に運転しましょう。

持っている電動アシスト自転車が違反車なら購入先に確認を

もしも電動アシスト自転車の購入後に、道路交通法の基準を満たさない製品かもと思ったときは、すぐに使用を止めて購入先の販売店やメーカーに連絡しましょう。そのまま気づかずに乗り続けていると、運転者が道路交通法違反で罰則を受ける可能性があります。

販売店または製造元へ問い合わせを行い、道交法基準を満たしているかを確認します。道交法基準を満たしている型式の中に、そうではない製造ロットが一部ある場合も。メーカーによってはアシスト力が強すぎる製品を回収し、点検と部品交換の対応を行っています。

購入した販売店やメーカーに対応してもらえない、窓口がわからないときなどは国民生活センターに相談してみてはいかがでしょうか。譲り受けたものや、中古購入などで型番が把握できないときは、自転車安全整備士のいるお店へ行き、車体をみてもらいましょう。

電動アシスト自転車を購入するときには、自転車保険にも加入しておきましょう。前述のTSマークが付いている製品なら、賠償保険などが付帯しています。ただし有効期限は1年間なので、毎年自転車を整備してもらってTSマークの更新を受ける必要があります。

多くの自動車保険会社では、電動アシスト自転車に付けられる補償特約を扱っています。自転車で事故を起こし、他人にケガを負わせてしまった場合に損害賠償金の補償を受けられるものです。ほかには自転車同士の事故でケガを負った場合に相手と自分を補償するもの、自損事故や転倒によるケガを補償する傷害保険などもあります。

自転車保険は自動車の自賠責保険とは違って任意加入ですが、近年の自転車事故の増加により加入を義務化した都道府県も。東京都と埼玉県は保険加入の努力義務があり、大阪府と滋賀県、兵庫県では条例で義務化しています。都会では地方よりも自転車通勤者が多く、週末にはレジャーや趣味にも利用されていることが、自転車事故の発生率が高い理由になっています。

とくに通学や通勤、小さな子どもを乗せて毎日電動アシスト自転車を運転する方は、万が一に備えて自転車保険に加入しておくと安心です。

電動アシスト自転車の正しい乗り方、走行方法を知っておこう

電動アシスト自転車の運転のコツを知って、安全に利用しましょう。発進するときはペダルに足を乗せてではなく、両足を地面につけて電源をオンにします。電動モーターはペダルの踏み込みを検知して駆動するので、ペダルに足を置いていると自転車が前に飛び出してしまう可能性があるからです。

走り出しで強くペダルを踏み込むと、急発進したり思った以上のスピードが出たりするおそれも。加速しすぎると制動距離が伸び、停車できるまでの時間もかかって事故になりやすくなります。発進時は、ペダルをゆっくりと踏みましょう。

また、自転車にまたがらず、片足で地面を蹴って勢いをつけてから乗る「ケンケン乗り」は、電動アシスト自転車ではNGです。重い車体がふらつきやすくなり、不安定なまま加速するので転倒するかもしれません。

電動アシスト自転車は、坂道を登るときに立ちこぎをするのは危険です。スピードが出るにつれてアシスト力が弱まる構造であること、車体が重いために片側のペダルに体重をかけすぎると、バランスを崩しやすいのが理由です。しっかりとモーターのアシスト力を使えるよう、座ったままゆっくりとペダルをこぎます。

基準適合の電動アシスト自転車で快適な走行を楽しもう

道路交通法の基準に適合した電動アシスト自転車を選び、快適な走行を楽しみましょう。購入後に基準適合外かもと思ったときは、販売店やメーカーに連絡して対応してもらったり、自転車安全整備士に相談したりするとよいでしょう。ペダルに足を乗せてから電源を入れない、ケンケン乗りをしないなど、危険な運転をしないことも大切です。

【参考文献】
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_006/
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20170629_2.pdf
https://www.city.kodaira.tokyo.jp/kurashi/081/081423.html

【終活】電動自転車の思わぬ危険


http://ysroad.co.jp/uec/kagurazaka/2019/11/10/48588
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/jikoboshi/bicycle/pedaru.html
https://hoken.kakaku.com/insurance/%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e4%bf%9d%e9%99%ba/%e9%81%b8%e3%81%b3%e6%96%b9/TS%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af%e4%bb%98%e5%b8%af%e4%bf%9d%e9%99%ba/
https://jaf.or.jp/common/kuruma-qa/category-drive/subcategory-bicycle/faq292
https://www.recall.caa.go.jp/result/detail.php?rcl=00000023441&screenkbn=01
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20161027_2.html
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/161027kouhyou_1.pdf
https://www.zurich.co.jp/car/useful/guide/cc-whatis-electric-bicycle/
https://ec-club.panasonic.jp/bicycle/contents/insurance/
https://www.tmt.or.jp/safety/index2.html#:~:text=%EF%BC%91.%EF%BC%B4%EF%BC%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF(%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E5%90%91%E3%81%91,%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%EF%BC%88%E4%BB%98%E5%B8%AF%E4%BF%9D%E9%99%BA%EF%BC%89%E3%80%82
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000148322.html